「住む」とは、住処定めてそこで生活すること。

「暮らし」とは、生き方含めた日々の営みのこと。

これからの住処を考えるとき、「住む」ことの

その先の生き方へ繋がっていく「暮らし」のデザインが大切になると私たちは考えています。


私たちは繋がりを紡いでいく「暮らし」を東京の小さな住まい兼Galleryで

自らの暮らしをデザインしながら

四季毎の「小さな暮らし展」を通じて届けていきます。


私たちが大切にしている小さな繋がりのある暮らし。

暮らしの品とその造り手との催しを四季毎におこない、

顔の見える小さな繋がりをつくっています。